シアリスのジェネリック薬の効能について

薬にはそれぞれ効能があり、それは薬の価値を決める基準にもなっています。
特にED治療薬はダイレクトに男性の下半身に効くものですから、効能持続時間やペニスの硬化作用まで、かなり幅広く評価の対象になるのです。
ネットでいろいろなサイトを調べてみましたが、日本で認可されているバイアグラ、シアリス、レビトラそれぞれに特徴があり、そこが個性になっているとわかりました。
この3つの中で特に効果持続時間が長いシアリスは、なんと服用から36時間も効果が続くことがわかったのです。

驚異的な持続時間を誇るこの薬は、他の二つとは明らかに効きが違います。
他二つはがつんと来るタイプであり、シアリスだけは長時間じわじわと効くタイプだったのです。
日本のクリニックで処方してもらうと値段が高いこの薬も、海外医薬品の販売サイトで買えば安いことがわかりました。

そこで私は、シアリスのジェネリック薬であるタダシップと出会ったのです。
ジェネリック薬とは後発医薬品のことで、インドなどでは頻繁に作られています。
インドの製薬会社が作ったシアリスのジェネリック薬タダシップは、主成分がシアリスと同じタダラフィルなので、当然効能も同じです。
ペニスの硬化に関してもだいたい2時間くらいで効果が現れ、後は効果持続時間が続く限り、性的刺激を受けると勃起が続くようになります。
このため、セックスにおいて重要な長持ちする感覚が保てるわけです。

妻の友人がだんなさんにこの薬を勧めて、セックスそのものの時間が長くなったと言っていました。
確かに勃起持続時間が長くなればなるほど、セックス時間も長くなります。
とはいえ、男性も常時勃起した状態を維持するわけではありません。
性的刺激を受けた時だけ勃起が続くようになるので、この薬を飲んでから日常生活をしても、なんら支障はありません。
また、副作用がレビトラ、バイアグラ系と比べて少ないので、この二つを試してセックスに支障が出るほどの副作用が出た人には、お勧めできます。
私自身ポリネシアンセックスなるスローなセックスには興味がありました。

そのためには驚異的な勃起持続時間が必要だったので今までは敬遠していたのですが、タダシップを買って使うようになってから、スローなセックスも楽しいと思えるようになったわけです。
確かにこれを飲み、30時間以上も効果が持続するのを目の当たりにすると、スローなセックスも問題なくこなせるのがわかりました。

短期集中型のレビトラやバイアグラと違い、効果がじわじわと長く続くのがシアリス系の特徴です。
それを十分に受け継ぎ、しかも価格が安いタダシップは、ジェネリックの中でも完成度の高い薬と見ていいでしょう。
この薬を使うようになってから、私は妻とのセックスが楽しくて仕方なくなりました。
それは、驚異的な持続時間を生かしてさまざまなプレイに興ずることができたためです。
30代にしてセックスレスに陥っていた私は、この薬で救われました。